ビジネスパーソン向けのメディアを中心に、インタビュー記事や広告記事の執筆をしています。
その他ブックライティング、企業のコンテンツ制作、経営者の情報発信サポート(note、Twitter)、Webサイトのライティング等。
最終更新日:2022/10/17(一部抜粋)

企業発信のプロ「顧問編集者」は、なぜ経営者の人柄にこだわるのか

リーダーの想いを言語化し、組織や顧客に伝えていく「情熱の通訳者」に迫る連載。今回は、 WORDS代表取締役の竹村俊助(たけむらしゅんすけ)を取り上げる。 竹村は、ビジネス書の編集者としてキャリアを歩んできたが、2018年に出版社を辞め、WORDSを起業。現在は、企業の「顧問編集者」を掲げ、経営者の思考を文章にして発信、拡散する事業を展開している。 …

年間収益が3倍に成長 営業支援システム「マジックモーメント」12億円調達

営業支援システムを提供する Magic Moment(マジックモーメント)は9月7日、シリーズB として12億円の資金調達を行なったと発表した。 既存投資家であるDCMベンチャーズ、DNX Venturesから追加投資を受け、新たに三井物産が加わった。 MagicMoment …

日米投資家が出資 生産性500倍の「金属3Dプリンター」が可能にする未来

金属3Dプリンターの開発を手がけるSUN METALON(サンメタロン)は10月17日、プレシリーズAラウンドで560万ドル(約8億円)の資金調達を行ったと発表した。既存投資家であるUTEC、D4V、UC Berkeley(米国)から追加投資を受け、新たにGlobis capital partnersなどが加わった。 SUN …

典型的なダメ会社員だった僕が「こんまりの夫」として居場所を見つけられた理由 「自分らしさ」を見つける5つの要点

「こんまり」こと近藤麻理恵さんは、「片づけコンサルタント」として世界で最も知られる日本人の一人になった。その大成功を引き寄せたのが、夫でプロデューサーの川原卓巳さんだ。川原さんは「自分らしさを見つけ、生かせる場所に移動し続けることが、成功を引き寄せた」という――。 廃墟のようなボロアパート暮らしが一変した 2019年9月、僕はロサンゼルスで、レッドカーペットの上を歩いていました。 …

モデル・大屋夏南が提案する「これからの旅のスタイル」

「これからは、旅そのものの概念が変わると思うんです」 こう話すのは、17歳でモデルデビュー、20歳でパリコレに出演した後、現在は日本をベースにトップモデルとして活躍する傍ら、旅をライフワークとして仕事やプライベートで訪れた世界各地の魅力をSNSを通して発信してきた大屋夏南(@__kana_oya__ )だ。 …

「人が集合できない」渋谷 今後文化をどう形成できるか

渋谷の文化は、今後どう形を変えていくか。エンタメ、ファッション、理美容、飲食というそれぞれの業界は、どう協業をしていくべきなのか──。 7月21日、「With/Afterコロナ時代における渋谷カルチャーの今後」というテーマのパネルディスカッションがオンライン配信された。 登壇したのは、現在美術家で「DOMMUNE」代表の宇川直宏、「OCEAN TOKYO」代表取締役 …

若き最優秀アジア新人監督が映す「パラレルワールド」#NEXT_U30

Forbes JAPANでは、次世代を担う30歳未満のイノベーターにインタビューを行う「NEXT UNDER30」をスタート。2018年8月に、Forbes JAPANが開催した「 30 UNDER 30 」特集。そのときに取り上げきれなかった、知られざる若手イノベーターたちを継続的に取り上げていく。 …

2児の母が昆虫テック企業の「暫定CEO」になるまで #NEXT_U30

次世代を担う日本人は誰だ──。 連載「NEXT UNDER30」では、グローバルに活躍する30歳未満の経営者やアーティストをフィーチャー。昨年実施した「 30 UNDER 30 」特集で紹介しきれなかった、知られざる若手イノベーターたちを紹介していく。 「子供たちが80歳になったとき、多くの人に役立てる事業かどうかを指針にしてきました」 …

若き日のいじめが原動力。越境リーダーを育てる「第二の母」になる!

日本人にとって、世界で活躍するには大きい言語の壁。10代から多言語、多文化の中で人々を率いるマインドを育んで欲しいと、ハーバード大学で培ったメソッドを日本に移管しようと取り組んでいるのが、グローバル・シチズンズ・イニシアチブの桑名由美だ。 …

「北斎の魅力を正しく後世に伝えたい」浮世絵研究家 根岸美佳

江戸後期の浮世絵師、葛飾北斎が国内で高評価を得るようになったのは、意外に思われるが、比較的最近のことだ。 北斎研究の第一人者、故・永田生慈は、30年前に作品を輸送するクーリエとして立ち会ったパリでの北斎展で、現地の研究者から言われた言葉が忘れられなかった。 「北斎を正しく評価できているのは、日本ではなくフランスだ」 …

焚き火、温泉、キャンプ…… 事業成長のカギは「非日常」にあり

「うちの株主たちを集めたキャンプをするのですが、来ませんか?」 …

ストーリーで語り、文化をつくる 「医療のIT化」は何を成し遂げるのか

「私たちが日々行うのは、より良い未来への種まきのようなものです」 そう語るのは、オンライン医療事典「MEDLEY」をはじめ、ITの力で医療情報のあり方にイノベーションを起こしてきたメドレー代表取締役医師の豊田剛一郎氏。医療×IT分野のリーディングカンパニーは、4月29日、3つのリリースを発表した。それは、クラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」、API クライアントライブラリ「ORCA

「集団的個人」の時代、クリエイターたちが実践すべき働き方とは

「3日前に完成したばかりなんですよ」 畳の匂いがほのかに香る鎌倉の一軒家で、クリエイティブラボ PARTYのCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)伊藤直樹氏はそう話す。代官山にオフィスを構えるPARTYは、クリエイターたちに対する新たな働き方の提示や、クリエイティビティの最大化などを目的に、鎌倉に新しい活動拠点を構えた。 …

Azit 吉兼周優「人々は動かなくなり、非日常的な移動の価値が増す」#Forbes2050

2050年、私たちの生活はどうなっているのだろうか。 そんな疑問から、Forbes JAPAN 12月号では、ビジョナリーなリーダー、学者、アーティストと「未来を見通すメソッド」を探る特集「BEST VISIONARY STORY」を実施。 「暮らす」というテーマで京都大学学長の山極壽一氏、 「買う」というテーマでメタップスの佐藤航陽氏、「 死ぬ」というテーマで大阪大学教授の石黒浩 …

「知識がない人たちを救いたい」医師兼起業家が目指す世界 #NEXT_U30

Forbes JAPANでは、次世代を担う30歳未満のイノベーターにインタビューを行う「NEXT UNDER30」をスタート。2018年8月に、Forbes JAPANが開催した「30 UNDER 30」特集。その際に取り上げきれなかった若手イノベーターたちを継続的に取り上げていく。 必要な医療の知識や情報が無かったために、不幸になる人を減らしたい── …

レッドブルの本当の効果って? 飲みすぎたらどうなるの?栄養学の専門家に聞いてきた|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

エナジードリンクの代表格、レッドブル。 公式サイト によると、171カ国で販売されており、750億本以上もの販売実績があるそう。(2019年3月時点)気合いを入れたいときやシャキッとしたいとき、徹夜続きで疲れているときなどに飲む人が多いでしょう。 一方で、「カフェインが入っているから飲みすぎは危険!」「成分はコーラと似ているから効果は気休め程度」なんて声も。 …

高学歴YouTuberはなおと振り返る経歴。大学卒業後、大企業の内定を捨てた理由とは|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

名門、大阪大学出身の「頭脳派理系YouTuber」として、数学を使った実験や検証など、かしこさを武器にした動画で大人気のはなおさん。 現在、チャンネル登録者数は100万人を超えています。 そんなはなおさんですが、学生時代はYouTuberであることを武器に就職活動をし、某上場企業に内定をもらっていたそうです。しかし、入社3ヶ月前に突如内定を辞退し、YouTuberとして生きていくことを決意。

過去の出来事の”解釈”を見直そう。「自分に自信を持てない病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

失敗続きで承認されない社員にはどう対応すべき?「褒められたい病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

“自分探し”よりも”自分づくり”を。「本当にここが自分のいるべき場所なのか病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

ネガティブな雰囲気は責任感の現れ!? 「自分はなんでこんなに不幸なの?病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

いい上司が”リストラを実行しろ”と言われたら…?「過剰適応してしまう病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

出世を目的に頑張るのはなぜ危険⁉「上司の顔色ばかり伺ってしまう病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

“個の時代”という言葉を履き違えていませんか?「チームという病」への処方箋|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

「寝てない自慢をする先輩」「飲み会で昔話をする上司」「すぐに折れてしまう新入社員」…などなど、職場にはたくさんの”はたらく問題”があふれかえっています。 そんな職場の問題や働き方改革に切り込んだ、新木曜ドラマ『 ハケン占い師アタル 』(テレビ朝日)が2019年1月よりスタート。 …

“すぐ意見をひっくり返す人”がいい!? けんすうが考える「いい若手」の条件|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

日々仕事を頑張っている読者のみなさんなら、「優秀な若手だと評価されたい」と思ったことが一度はあるのではないでしょうか? そこで、R25世代が”優秀な若手”だと思われるためにはどうしたらいいのか、エンジェル投資家として、日々たくさんの若手と関わっているけんすうさんに「デキる若手」と「ダメな若手」の違いを伺いました! 〈聞き手:ライター・小野瀬わかな〉 …